そっと彼女の欲望の暖かい湿りを感じるために

彼はベッドの端に直面して丸くなっていたとして、彼の背中を露出置くとしてケリーは彼が眠っとして彼が呼吸に耳を傾け、彼女の目は暗闇に調整していた。彼女は彼女の指が彼女の首の柔らかい肌に沿って実行させ、彼女の背中にあったように、彼女はゆっくりと移動しました。彼女は彼が最終的に目を覚ますことを知っていたし、それは彼が彼女の行動を意識することなく開始する方が簡単だった。

彼女は、彼女は彼が裏返し感じなかったことを彼女自身のタッチで関与していた。

彼は寒さに対抗するためにシートの下にたかっ方法一度思い出し、彼女は彼女が彼を暖かく保つだろうと答えたと思います。それが彼女の喜びに来たとき、彼はいつも自分のわからなかった、彼は右のスポットをヒットされた場合、疑問に思った時がありました。彼女は性的に、驚くほど自信があった、彼女もおもちゃを述べたと思います。彼女はいつも、彼は偉大な感じたが、一度だけ、彼は彼女に彼がしたと同じくらい信じられない感じにしたかったと述べた。彼女は間違いなく彼が今まで持っていたと思います最も強烈なセックスだった。彼はそれが、彼女がその後彼のベッドから転落した時のようになっていたかについて考えました。彼は長い間、彼女が滞在するように依頼するために彼を撮影していたかわからなかった。彼は、プッシュ単に彼女は愛撫彼女自身をした時間を楽しんでいなかった。彼は彼女の指が彼女の体を下に撫でとして彼は、より簡単に彼女の顔に顔を見ることができるように、彼は眼鏡を着ていた望んだ。彼女の指先がかろうじて彼女の肌を磨いたように彼女のタッチが、怠惰なように見えた。

彼はオンになり、として静かにできる限り、彼はナイトからの彼の眼鏡を取得し得ていた。彼はゆっくりと彼の行動は、ケリーを取らなかった時にホッと、すぐにシートを引っ張った。彼女は彼が彼女が彼女自身に触れる見たかったときを除いて、大丈夫だった非常に手の上に、通常は彼にあった。

彼は彼女がそれを行って思いどのくらい前に疑問に思った、と彼は見てあっと思いたかった。彼女の指が遅いソフトからかいの連絡を続け、彼は彼女の呼吸、それ以前の彼を喚起していた喜びの柔らかな音に耳を傾けた。

ウェイドは、彼がよく見えると、より多くの光を持って望んだが、そうしようとする動きは、彼女は彼に彼女の目を向けると、彼の現在のビューを終了する原因となるだろうと感じていた。彼はズキズキ巨大ペニスの世話をするために片方の手を下にスライドとして、彼は、今、彼女を感じているようだ。

そうすることで、ホット情熱的セックスにつながる、と彼女はほとんどそのようにしたが、彼は非常に静かだったように彼女が戻って彼女の思考を引っ張って、彼がシャワーを浴びている間、彼女は彼のベッドの上で一人であったと想像しようとしただろう。彼女の指がそっと彼女の欲望の暖かい湿りを感じるために、彼女の唇をなでる。彼女のクリトリスを求めている間、彼女はいっぱい感じることができたので、彼女はほとんど彼女のおもちゃを望んだが、そのような中断は、彼女の考え方を台無しだろう。それは、彼女が若い頃、彼女はその存在を却下することができた時間に隠されていた。露出されたとき、それは彼女がやっとそれを立てることができるように彼女のナットを運転した、喜びブザーのような強烈な接触だった。彼女の呼吸が変更として、彼女は、それをフリック、その上にブラッシング、その周りに丸で囲んだ。彼女は、それは彼の柔らかい舌と優しく彼女を解放する働きを持っているように感じるだろうかと思った。彼女は彼の忍耐にもかかわらず、彼女は、彼が見ている間にできるようにするつもりだったかわからなかった、脆弱な露出した感じ。

かなりそれは彼女が彼にわずかな変化が良い感じ場合でも、彼がやっていたものは何でもやって維持させると思います良いと感じている限り。それは彼女の指を見て目の開幕戦でしたが、彼女は彼女の内部に1つをスライドすることはありません、と彼は突然彼女が下車する浸透を必要としなかったことが分かる。彼は簡単に彼女が今まで彼のベッドでオーガズムを持っていただろうと、彼女は彼女が性的に満足していたと述べていた疑問に思ったが、彼は彼女の体は、それが今ではやった方法を見て見たことがなかった。それは彼女が一時停止した場合は特に、彼女から彼の手と口を保つために大変でした。

秘密の瞬間を取って、ベッドの彼の側に

彼女は最初の数回、より一般的であった、彼女は眠りに落ちることができなかった場合でも、彼女に対する彼の暖かい体の感触を楽しんだ。もちろん、それは夜中に彼奮起にできるようによかったです。彼女に対する彼の裸の体の感触は、より現実よりも夢のように思えた。 彼女は彼が時折シートの暖かさを感じ、彼の枕に寄り添うように秘密の瞬間を取って、ベッドの彼の側に移動し、シャワーにズレ聴いて楽しんだ。ほとんどの朝、彼女はシャワーで彼に参加すると考えた。

金曜日の夜はいつものように驚くべきだった、彼は彼女を読んで良くなっていた、彼女はもっとリラックスすることができました。彼女は彼に目を通すように座って、それはまだ暗い出ていたので、それは、何だった時間を確認するために彼女の目を細め。彼女は理由がわからなかったが、彼女は彼女が今まで持っていた他のどの相手よりウェイドの手よりを楽しんだ。

彼女は前の恋人たちと賞味していたものではありませんでした彼の巨大ペニスを、試飲楽しんだ。彼は彼女のおもちゃについて興味があった、と彼女はある夜、彼にそれを示していたが、彼女はプレーする気分もムードに入るためのエネルギーになっていなかった。彼女はそれが月曜日であったという事実にそれを非難した。最後の数週間で、彼は彼女がそれらを使用し見て、彼女の自慰行為を見て意欲を表明していた。それは彼女だけで行うことができるものではありませんでした。

それは彼女の不本意を表現することが困難であった、彼女は彼と一緒にいることを共有するのに十分慣れることに取り組んでいたが、今のところ、それは通常、非常に遠く取得する前に彼と一緒に彼女の演奏につながった。彼のコメントは、彼らは愛を作っている間、彼女は自由に自分自身に触れることを奨励している間、彼女は彼の願いを満たすために望んでいた。彼は彼女に触れると喚起できるようにするために、彼は十分に信頼して、彼は彼女が彼女自身に触れたかを確認することができますよりも違っていた。彼女は彼女を失望させ、男性の彼女のシェア以上を持っていたとき、それは、彼がとても近くに取得できるようにするには少し怖かった。それも、彼女の頭と彼女の心の中に彼をさせることを考えるように大変でした。